OPP袋とIPP袋

OPP袋を分かりやすく説明すると、よく100円ショップで見かける吊り下げ商品が入っている袋があると思いますが、それがまさにOPP袋になります。
よくビニール袋と間違う人もいますが、ビニール袋はほとんどがポリ袋で、OPP袋はレジ袋で使用されているようなものではなく、透明度が非常に高い、パリッとした袋がそれになります。
自宅にダイレクトメールが届く人であればより分かりやすいと思いますが、ダイレクトメールが入ってくる透明のパリッとした袋がOPP袋です。

このようにOPP袋はパリッとした透明度が高い袋のことですが、これと似たものにはCPP袋というものがあり、OPPはOriented PolyPropyleneを略したもので、CPPはCast PolyPropyleneを略したもので、同じポリピロピレンから生産されていますが、製造工程によって性質や名前が変わっています。
OPP袋とCPP袋の違いはCPP袋の方が伸びやすくなっていて、フチが破けにくいという特徴がありますが、見た目はほとんど一緒で、専門家でなければ分からないということもあり、実際に業界でも間違って注文することも珍しくはないようです。
また名前も似ていることからも誤発注が多いようです。

その他にも同じポリピロピレンから作られた透明の袋にIPP袋というものがあり、これはよくクリーニング店で利用されていたり、食パンを入れる袋に利用されているもので、IPPのIはInflationを略したものとなっています。
透明の袋を使用する時には、それぞれの特徴を理解して選ぶようにしましょう。