ディスプレイにも活躍

OPP袋と聞いてもピンとくる人は少ないと思いますが、これは正式名称を延伸ポリプレンと呼ぶもので、簡単に説明するとポリプロピレンを伸ばして加工した透明の袋のことです。
見れば誰でも分かると思いますが、よくお店で小物を入れて販売したり、雑誌やカタログなどが入っている透明な袋もOPP袋を利用する場合が多く見られます。

OPP袋の特徴はいろいろありますが、まずは透明性が高いため、中に入れた商品をそのまま見せることができます。
ディスプレイする時に商品を汚したくない場合も、OPP袋は非常に便利に使用できるようになっています。
またOPP袋には商品を保護できるという特徴があり、衝撃にも結構強いため、配送用の袋としても各方面で利用されています。
OPP袋の大きな特徴には、耐水性に優れている点があり、プラスティックのフィルムで水を通さないため、中の商品が汚れるのも防ぐことができるようになっています。
また防湿性も高いために、商品を湿気から守ってくれます。

OPP袋は環境にも良いことが特徴的で、塩素を含まない袋のため、気になるダイオキシンを発生させないというメリットを持っています。
さらにOPP袋には紙と同様に印刷をすることもできるため、袋だけで商品の入れ物としての役割を立派に果たすこともできるようになっています。
透明なOPP袋にはいろいろな色を付けることができ、デザインを施すこともできるため、他の単価が高い商品ケースや袋に比べて、コストを落としてお洒落に仕上げることも十分に可能となっています!